日産 ノートの査定

車の査定

車の査定

このページをご覧になっているということは、
日産 ノートの査定を1円でも高く売りたい!愛車の査定を優位進めたいと考えている方ですね。
車種別・メーカー別の愛車査定を紹介します。

ノートの査定は、”競わせて”査定アップ!!

今人気の車買取会社。
テレビCMやラジオなどで最近よく聞きますね。
ガリバー、T-UP、カーセブン、ラビット、アップル・・・・などなど。

人気の理由は、
 ・下取りより高く買い取ってくれる。
 ・走行距離や年式が古くても、廃車にすることなく買い取ってくれる場合が多い!
 ・ネット見積もりが可能なので、簡単査定が実現できる!
などがあります。

そこで、査定アップの方法を伝授しましょう。
査定の基本は、買取会社を競わせることです。
各社が各々の金額を出し合うということで、場合によっては、30万、40万の違いが出ることも多々あります。

今乗っている車を最高価格で売ることができれば、その分を新しい車購入の資金に充てられますね。

高く売るために、最低限知っておいたいいこと

車にも賞味期限みたいなものがあります。
1日1日、日が経つにつれ査定額が落ちていくのと同時に、走行距離が伸びれば伸びるほど価値は下がっていきます。
1円でも高く売るためには、売ると決めたら1日も早く売る!!これが基本中の基本です。

車査定スタート
中古車査定を行ってみる


口コミ・評判の良い一括サイトも紹介します。y

簡単一括査定で口コミ・評判のいい会社(女性でも簡単)です。
有名なガリバー、カーセブン、アップルなどの査定も一括簡単査定が実現できます。

株式会社ウェブクルー(スバット車買取) 車くらべる.com

厳選8社に一括で査定依頼ができるので手軽なオークション感覚で一番高い買取業者が選べます。あなたの愛車の最高価格を知るには、また、高額査定を狙うならズバット車買取比較をチェック!

おクルマを無料で一括査定に出せるサービスです! 最大15社の中から査定会社を選べるのが特徴です。
今なら、買取が決定したお客様には1万円のキャッシュバック!

カーセンサー.net:株式会社リクルート

リクルートが運営するクルマ総合情報サイトです。
都道府県からの店舗検索、郵便番号からお住まいの地域からも探すことができます。


同じ車種・年式なのに、査定額が変わるのはなぜ??


どうして、年式車種が同じなので、査定額に大きな開きがある場合があるのか?
それは、
数ある買取会社、その各社各々、売りやすい車と売りにくい車、得意な車種、苦手な車種があるのです。
地域によってニーズの高い車種があったり、軽自動車に強い会社、ワンボックス・ワゴンに強い会社など、その強みは様々です。
基本的に、日が経つにつれて車の価値が下がってきますので、買取会社も買い取った車をいつまでも保有してはいられません、買い取ってすぐ売れる車種であれば、他より高い金額が付くという訳です。

昨今では、買い取った車を海外に持っていって売るということもあるので、古い車種であっても買い取ってくれる場合も多々あります
あきらめずに査定に出してみることもおすすめします。

必見!車の査定でチェックされる箇所


外装のチェック項目
ボディ全般の汚れ ・ ボディのヘコミやキズ(天井部もチェックされます) ・ 鍵穴やドアノブ周辺のキズ ・ ナンバープレート ・ ランプ類(ヘッドライトやテールランプなど) ・ ラジオやテレビ等のアンテナ ・ ドアやウインドウなど、可動部の具合 ・ ガラス類(フロント・リア・サイドなど) ・ ボディーカラー ・ エアロパーツ ・ サンルーフ など
内装のチェック項目
内装全般の汚れ ・ シートの汚れや状態 ・ フロアーマットの汚れや有無 ・ トランクルームの汚れ ・ 喫煙の有無 ・ オーディオ、カーナビ、スピーカーなどのAV機器の状態 ・ ハンドルやメーター類 ・ エアバッグ ・ スペアタイヤ ・ その他付属装備品のチェック など
エンジンルームのチェック項目
エンジンの状態 ・ エンジンオイルの状態 ・ バッテリーの状態 ・ 改造パーツの有無 ・ 修復歴の有無(フレームをチェックします) ・ 車体番号 など
シャーシ(車台)のチェック項目
修復歴の有無(フレームをチェックします) ・ タイヤやホイールの状態 ・ タイヤハウスの中 ・ オイル漏れやにじみ(不具合箇所の発見) ・ 各部のヘコミやキズ、錆や汚れなどの状態チェック など
車全般(スペックなど)のチェック項
車種 ・ 年式 ・ グレード ・ 走行距離 ・ 車検証 ・ 整備記録簿 など


日産 ノート (NOTE )
マーチなどにも採用されるBプラットフォームをベースに開発された。初代型は、当初1.5Lエンジンのみが用意され、他の1.5Lクラスの車よりも価格が安く設定されている。また、2008年10月には1.6Lエンジン搭載グレードも追加された。 ボディデザインはスカイラインをデザインしたチームと同じチームが担当[要出典]。 日産の世界戦略車に位置付けられている。